コスパ優秀?カーネギーが期間限定並みの「納得」価格!

日常生活にも仕事にも役立つ事満載で、こんなに素晴らしい本があるなら、もっと早く学生時代に読みたかったです。読むと非常に明るく前向きな気持ちになれます。本の内容もよかったです。

コチラです♪

2018年01月06日 ランキング上位商品↑

カーネギー人を動かす新装版 [ デール・カーネギー ]

詳しくはこちら b y 楽 天

でもまず!自分が変われるように努力し!自分が変わればきっとまわりも変わると思います。その本を今回、思い出したように購入して読み始めました。また読んでいる中で、自分が実践出来ていたこと、出来ていなかったことも良く理解出来ました。アメリカ人とは性格が違いますが!なるほどなー!っと思うことが書かれています。何故、何十年も前の本がこれほどまでに売れ続けているのか?何故、何処の書籍レビューでも高評価なのか?非常に気になって、いつか読んでみたいと思っていました。2ページ目で既に目からウロコの衝撃的内容でした。人を動かすというタイトルどおり!人に動いてもらうために自分が何を意識してどう変わるべきかということについて分かりやすく事例を入れて書いてあります。とてもやさしい語り口で!断定調の所は全くないのですが!かえって深く引き込まれてしまいます。早く届けてくれて!よかったです。これから実行したいです。これは一回読んだだけでは実践はもちろん!理解も不十分ですので何度も繰り返し読みたい本です。自己啓発の王道ともいえる本です。夫婦!子供!親!友人!上司!部下等!あらゆる人間関係の中で!すぐに応用できる内容だと思います。それぞれの世界で成功を掴む人は、「人」や「個人」を大切にし、「その他大勢の誰でも良い人」ではなく、「個人」に対して関心を持って接すると、人間関係が非常に円滑になる、といったことが書かれていました。読んでいるうちに、自分があの時、あの人に、あのような態度で、あのように言ったけど、本当はこうすればもっとうまくいったかも知れない、と反省することも色々出て来ました。物を作れば売れる時代は過ぎ去って今の時代生き方が難しいと感じヒントをどこかに探しているのは私だけでしょうか。旦那は議論大好き!言葉もきつい人で!私が違う意見を言うと徹底的にたたきつぶすので!ノイローゼになりそうでなんとか自分を変えたくて読んでみました。やはり時代を超えて残る本だと心底思います。まだ途中までしか読んでませんが!読みやすそうです。内容的には一部の方からは「考え方が旧い」という意見もありますが、少なくとも社会人としてどう行動すべきかの基本は習得できると思います。分厚くて!大変だけど!これからの人生のためになる本です。通勤の電車内で読んでいたので!大きさと重さは気になりました。某恋愛博士のお勧めの本。特に自分が会社で部下を持つ際に読んで欲しい一冊です。私は良いと言われていることは、とりあえずやってみます。写真や絵はなく!ひたすら文章のみですが!文字がぎゅうぎゅうになっていない上!一つの項目の区切りが細かく!分かり易くたとえ話を用いているので!読み易いです。新装版は!1980年頃に時代に沿った形で内容を変えているそうです。1)人を動かす3原則2)人に好かれる6原則3)人を説得する12原則4)人を変える9原則付録)幸福な家庭をつくる7原則上記内容がお題目となっていますが!どれも素晴らしい内容ですし!それが実践出来たら人生が変わると真剣に思います。上に立つものとして、人にどうやって動いてもらうか、納得の一冊です。私は国内だろうが海外だろうが!二次元だろうが三次元だろうが!あまり気にならない方なので!色々な成功例がスッと入ってきて!マネできるところは見習いたいなぁと思いました。デール・カーネギーの本を初めて読んだのですが、やはり素晴らしい本ですね。ただ、筆者は、自分が本当にその人のことを考えて出てきた言葉でなくてはならない、ということも繰り返し述べています。南北戦争時!指揮官の不甲斐なさから起きたミスに対して!本人に怒りの手紙を書いて!その内容が自分の気持ちを押し殺して大変丁寧に書かれたものであったのにもかかわらず!結局引き出しにしまって投函しなかったという逸話が印象的でした。偉人にしかできないような偉業例ばかりが並べられているわけでもなく、心がけひとつで出来そうな例が多いのも実用的です。人付き合いに悩んでいる方!自己改革を考えていらっしゃる方!経営者や人を指導する立場にある方には!一読をお勧めしたいと思います。やはり評判に違わぬすばらしい本でした。小手先の技術ではなく、心を大切にしている本だと思います。今読んでいる最中ですが、文章は結構読みやすいと思います。それを180度回転させられ、今までの自分がどれだけ愚かで、どれだけチャンスを逃していたかを思い知らされました。結果的に人を動かしてしまった」という自分改革に近い内容だと思います。一気に本に記載されている通りには出来ないと思いますが!一つ一つ!少しずつ実践していきたいと思います。検索した時にはヒットしなかったのですが!購入した本の中に著者の作品紹介の冊子が入っていて!その中に文庫本3冊セットが載っていたので!そちらを購入すれば良かったです。でも!議論はいい事はないと教えてくれ!辛かった毎日が救われた気がしました。風雪に耐え、時を超えてずっと残って行く本だと確信します。装丁もしっかりしていて、内容も分かりやすい。それが現実なんでしょうね。界的ロングセラーであるというだけあって非常に分かりやすく納得できる内容でした。人を変えるのではなく、自分が変わることの大切さは、日本でも海外でも同じなんですね(^^)元々、職場に講師としていらした臨床心理学の先生に薦めて頂き、購入した本だったのですが、本当に読んでみて良かったなぁと思います♪タイトルに「人を動かす」とありますが、「頭ごなしに命令して人を強制的に動かす」という意味ではなく、「日頃の自分の行動から、相手が自然に動いてくれる。この本で伝えたかったことを、この本自体で体現しているように感じます。老若男女、職種を問わず、多くの方に読んで欲しい本です。しかしこれだけ世界でベストセラーとなり、現在も残っている本ですが、日本でどのくらいの人が読んで、実践出来ているのか疑問です。自分の環境では、実際にこの本を読んだかどうかは解りませんが、関係する社内・顧客・友人・知人誰もそれを実践出来ていると思える人はいません。避ける方法も書かれてありました。議論に勝つには議論を避ける。当時はバイブルのように読んでいました。例に挙げられた事柄が外国の出来事なので、「日本」と「海外」を区別して考える人にとっては、あまり身近には感じないのではないかと思います。人生のうちに一度は読んでおいたほうが良い本だと思います。これを読んでいると、今までの自分は…自分の話ばかりをし、自己正当化を強調し、ライバルがいればとにかく(論破をして)潰し、ある時は人間関係に悩み…そんな事ばかりを行っていました。人間的基本は昔となんら変わらないと思いますが人間関係がより複雑化している現代新たに確認させて頂ける時間が出来ました。学生時代の愛読書です。著者が講演や実体験の積み重ねの中で、長い年月をかけて生み出して来たからだと思いますが、文章が大変こなれており、また、翻訳も素晴らしく、訳であることを忘れて、とても自然に読めるところも素晴らしいと思います。書かれている内容を既に実行されている方は!自分の言動に自信を持って良いんだという後押しにもなりますし!読み方次第だと思います。そして!これからの人付き合いも!自分の話中心ではなく!相手の楽しい話を聞かせて!にしたいです。徹底的につぶされる前に「よく考えてみる」と!一旦話を切り上げようと思います。仕事・私生活両方に応用出来る事柄が満載されていて「なるほど・・・」と納得させられるものばかりでした。もちろん、現在から見れば登場するのは歴史上の偉人達ですが、時代は変わっても人間の付き合い方は変わりませんね。リンカーンが!他の人達に対して!あれ程!言い方や書き方に気を配っていたという事には驚きました。どれだが自分の意識が変えられるか、習慣に出来るか、この二点が重要だと思います。否定するだけではなく、良くも悪くも「一度認める」というのは、今までの経験から考えて、かなり有効な手段ですので、最初から真っ向否定せずに、一度取り入れ、たくさんある選択肢の一つにしてしまって、その中から必要な物を取捨選択する方が、よりお得だと思います。また、実際に無意識にやっていたことが、実は学問的に人に好印象を与える行動であったということが分かり、ちょっと自分に自信が持てるようになりました。人に勧められて買ってみました。。相手の話を良く聞く!相手の立場になって考える!相手が重要だということを認める等!一見!まあそうだろうな!というタイトルが並んでいますが!著名人を含めて!その時の様子がありありと目に浮かんでくるようなエピソードが豊富に盛り込まれており!大変説得力があります。むしろ、それによって「人が(自然に)動かされる」という感じです。自分に合わなければ!やめるなり!自分流にカスタマイズやアレンジをして使えば良いだけです。暫くは何回も読み直してみて!今の自分を振り返ってみたいと思っています。「人を動かす」というと何か恣意的なものを感じますが!実際には!このように人と接していったらいいのではないか!ということがとてもわかりやすく書かれています。忘れると思うので!時々読み返したいです。内容は非常にシンプルで、実際の事実を例題に解りやすく説明しており、デール・カーネギーが本当にいかに多くの人にこの考えを理解し実践して欲しいか良く伝わりました。沢山の人の人生の参考書になるといいですね。